スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.-- | スポンサー広告

はじまりのうた

只今、厄年真っ最中である。
偶然だとは思うが、今年に入って、ロクなことが無い。
正確には、去年の前厄からだが・・・。

去年1月に車が壊れたのを始まりに、(結果的にエンジン交換)
冷蔵庫、電子レンヂが壊れて、
今年に入って、洗濯機、掃除機が壊れ、
挙句の果てには勤務先で望んでも無い部署に異動させられたりと
まさに踏んだり蹴ったりだ。
基本的にプラス思考なので、落ち込むことも少ない人間なのだが
さすがに今回は、少々凹んだ。
そんなボクが運気のどん底を彷徨っていた最中にリリースされ、
4ヶ月経った今日現在でも、聞けば元気の出る1枚が、このアルバム。

STARTING OVER(初回盤)(DVD付)STARTING OVER(初回盤)(DVD付)
(2008/01/30)
エレファントカシマシ

商品詳細を見る

エレファントカシマシのキャリアは、長い。
結成は、’81年。
’86年、現在のメンバーに。
’88年、デビュー。
なんと、今年デビュー20周年だ。

ボクが二十歳頃によく、地元ライブハウスで共演していた2年後輩(男)が
エレファントカシマシの大ファンで、その彼の影響でボクもファースト・アルバムを買って聞いていた。
勿論、エレファントカシマシにも興味があったが、
その前にボクは、その後輩の歌の大ファンだったのだ。

あまり、地元の共演者に共鳴することは少なかったが、彼は違った。
独特の歌い回し、シュールな日本語歌詞、圧倒感満点のステージ。
いまだかつてない衝撃でした。
その彼も十数年前に故郷・鳥取県で県職員になったと聞いた。
元気だろうか・・・。
そうか。あれから20年か。
そんな彼の一押し、エレファントカシマシ。
悪いはずがない。

初期エレファントカシマシは、今とはかなり違う。
CDに収められた楽曲も完璧な完成品というより発展途上という印象だ。
ギター・コードのミス・トーンなどは当たり前である。
録り直すことも出来るはずなのに、敢えてそのまま。
まさに男気溢れる豪快さだ。

その後、レコード会社から離れ、約2年間の不遇時代に突入する。
’95年、劇的に復活。
その後の活躍は皆さん周知の通り。
今や押しも押されぬ人気バンドとなった
エレファントカシマシの最新作。
ヒット・シングル『俺たちの明日』に加え、
荒井由美の『翳り行く部屋』のカヴァーも収録の快心作。
聞いた印象は、余計な音は一切なく、
すんなり歌が耳に入ってくる感じだ。

もう何回リピート・ボタンを押したかわからないほど、
聞けば聞くほど味の出る本作。
くよくよ悩んでいるとき、やり直したいとき、
聞くと全てをリセットしてくれる。
そんな気分にさせてくれる1枚だ。
スポンサーサイト

2008.05.24 | Comments(1) | Trackback(0) | CD

コメント

やっと・・

先日このブログを発見して、すっかりfanになり、この前ぜーんぶ読み終わりました、すっかり日課になりました。まだまだ日の浅いfanです。これからも楽しみにしています。

2008-05-24 土 19:12:38 | URL | ゆいか #- [ 編集]

コメントの投稿


秘密にする

«  | HOME |  »

FC2Ad

プロフィール

ハプニングエイト

Author:ハプニングエイト
FC2ブログへようこそ!

最近のトラックバック

FC2ブックマークに追加する

FC2ブックマークに追加

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。