スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.-- | スポンサー広告

21世紀にて①

さてさて。
青春時代を少しずつ遡って来たわけですが、
最近、大変な名盤が発売されたので、急遽書かせてもらいます。

Riot City Blues Riot City Blues
プライマル・スクリーム (2006/05/31)
ソニーミュージックエンタテインメント
この商品の詳細を見る

すごいよコレ本当に・・・。
少し大袈裟に言わせてもらえれば、10年に1枚の名盤かと。
同時期に発売された『パール・ジャム』の新譜が同じ称号で
CDショップ店頭で売られてますが・・・。
『パール・ジャム』ファンのみなさん、ごめんなさい。
10年に1枚は本盤の方がしっくり来ると思うのです。
今まで、特に『プライマル・スクリーム』が好きだったわけでもなかったのですが、
新譜は一応テレビ、ラジオ、CDショップ試聴機など何らかの方法で耳にしてました。
しかし4年前の『EVIL HEAT』から、今回の作品へのこの変わり様は凄まじいですね。
まぁ、もともと雑食性の高いバンドですから然程驚きませんが、ボクにとっては良い方向へ
転換してくれたので驚きより喜びの方が大きかったです。
そして内容ですが、ローリング・ストーンズ風味満載のロケンロー・ナンバーの応酬で
ございます。(もちろん主観です)
・・・。そりゃあ、そうです。ボクの大絶賛ですから。
でも久しぶりに音楽聴いて目頭熱くなりました。
試聴して即買いもホント久しぶり。
買ったその日の夜は興奮して眠れませんでしたよ。
まだ今年半年ありますが、たぶん今年買う作品でベスト3に入るね。

世間じゃ、たばこ増税されたり、残忍な集団リンチ殺人があったりと、相変わらずロクな事が
起きませんが、いつの時代も人を衝き動かすのは、やはりロックン・ロールであって欲しいね。
そんなボクのクダラナイ不安と心配を吹き飛ばしてくれたのが、プライマル・スクリームの
『ライオット・シティ・ブルース』だった。
これを聴いて安心と淡い期待を抱きました。
そして、儚い願いをひとつ。

ロックン・ロールの未来が、どうか明るいものでありますように・・・。
スポンサーサイト

2006.07.02 | Comments(1) | Trackback(0) | CD

コメント

お初です。

ここにプライマルが登場するとは思ってもみなかったので思わずカキコです。
僕も新譜1曲目をラジヲで聴いて気になってました。このバンドは本当にアルバム毎に全く違うバンドになりますね。それでいて時代の2、3歩先を行っているような気がします。以前もアメリカ南部に歩み寄った「Give Out But Don't Give Up」という作品がありましたが、僕のフェイバリット盤です。でも疎遠な友人に貸したままで返ってきそうもないのでまた買ってやろうかと思ってます。

2006-07-02 日 13:56:05 | URL | glassonion #- [ 編集]

コメントの投稿


秘密にする

«  | HOME |  »

FC2Ad

プロフィール

ハプニングエイト

Author:ハプニングエイト
FC2ブログへようこそ!

最近のトラックバック

FC2ブックマークに追加する

FC2ブックマークに追加

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。