スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.-- | スポンサー広告

君は天然色

人生とは、なんと儚いものか・・・。
前回の麗蘭@京都・磔磔の翌日。
つまり大晦日に知らされた訃報。
久しぶりの虚脱感。
京都からの帰り道の足取りが
なんと重いこと・・・。
まあ、誰しもいつかは
人生の最期は、やって来るわけですが、
突然すぎます。

ボクのように
ファン歴30年オーバーの方々は、
全国に多数いらっしゃると思います。
過去の御自身の作品を
20周年、30周年と
リリースしてくれてましたが
この先、どうなるんでしょうか?
当ブログでも2006年5月19日に
大滝さんを書かせていただきましたが
2度目がこんな形になるとは
残念です。

世代を超えまくって
もっと受け継がれてほしい音楽。

ご冥福をお祈りします。

A LONG VACATION 30th EditionA LONG VACATION 30th Edition
(2011/03/21)
大滝詠一

商品詳細を見る

スポンサーサイト

2014.01.27 | Comments(0) | Trackback(0) | CD

いざ、大海原へ!

最近、なにかと巷を賑わしている
とぼけているが可愛い憎いヤツ。
ご当地キャラなどでも
お馴染みのゆるキャラだ。
ふなっしーやバリーさん、ひこニャンと
いろいろいるが、
我が家で一番人気は、くまモンだ。

そして、ゆるキャラといえば、
この人を思い出してしまう。

大航海大航海
(2007/07/25)
TOMOVSKY

商品詳細を見る

ゆるキャラもかなり惚けているが、
この人のキャラも相当なモノだと思う。
作っているのか、地なのかは、さておき。
その人柄、詩やメロディーにも滲み出てます。

大合唱から始まる、本作。
彼にしてみれば無計画も壮大な計画なのだ。
心配するなと、励ましておいて
オレも不安だ、と突き落とす。
ゆるいが実はジワジワと攻撃的(?)だったりも感じる。
なんとも不思議な感覚だ。
アルバム・タイトル『大航海』とはいうものの、
さほど遠くには、行っていない。
寧ろ、散歩エリア内を
チープかつ壮大に駆け巡る。

そんな心の大航海を
一ファンとして見守るのだ。

アラフォーにして、ゆるキャラ。
まだまだ健在だ。








2013.05.09 | Comments(0) | Trackback(0) | CD

あれから早4年。

1年の中で忘れられない日、ありますよね。
自分の誕生日は、もちろん。
大切な人の誕生日、
結婚記念日、
自分史の中で、最高の出来事があった日などなど。
だが、この日も忘れちゃならねえ。

2009年5月2日。

RHAPSODY NAKED (DVD付)RHAPSODY NAKED (DVD付)
(2005/10/26)
RCサクセション

商品詳細を見る

いわずと知れた忌野清志郎が
この世を去った日であります。

あの日、インターネットで仲間内でも
いち早く訃報を知った時のあの感覚・・・。
脱力感というか、一気に体中の力が抜けていったのを
今でもおぼえてます。

今でも信じられないですけどね。
若き日もそうですが、
晩年まで、飛び回って歌ってたのに。

もし、彼が生きていたら
福島原発問題とか
黙っていられなかったでしょうね。

何かをやってくれる音楽人。
この先、そういう人
出てくるんでしょうか?

2013.05.02 | Comments(0) | Trackback(0) | CD

昭和音楽遺産再発運動その①

どうも。
世の中は、今日からゴールデンウィークですね。
まあ、どこも出かけないので関係ないですけど。
部屋に引き籠もってブログ書いてます。

さて、久しぶりに過去に遡ってみようと思います。
で、いきなり30年前。

当時、高校生の筆者。
人生初、電車を使って遠方まで見に行ったアーティストです。
(遠方といっても隣町ですが・・・。)

RATTLESNAKE BOX-The MODS Tracks in Epic Years-(DVD付)RATTLESNAKE BOX-The MODS Tracks in Epic Years-(DVD付)
(2006/09/20)
モッズ、THE MODS 他

商品詳細を見る

全国100ヶ所を回るツアー。
もれなく、地方の我が地元(隣町ですが)にも来てくれました。
何故、隣町かというと。
一応、ボクの地元が県庁所在地なので、
順当ならこちらで行われるはずでした。
これは、あくまでも噂ですが
地元の○○市教育委員会が、主催者側に猛反対。
『THE MODSは、○○市には、入れさせない』と。
で、隣町での開催になったということらしいです。
当時のTHE MODSの人気と勢いと影響力を語るエピソードでは
ないでしょうか?

そのTHE MODSのソニー時代の作品群の紙ジャケットBOX。
発売当時の帯も再現されたスグレモノ。
1stアルバムの頃って、メンバー20代半ばくらいですよね?
演奏力、アレンジ、色気、ともに凄まじい新人です。
いまだに現役で活動しているのもわかります。

が、しかし。
筆者は、幸運にも定価以下で
手に入れましたが
amazonで本作を探してみると
お値段高すぎ。

昭和40年代前半のアラフォーにも
若い人たちにも是非聴いてほしい
本作の再発を切に願います。

2013.04.27 | Comments(0) | Trackback(0) | CD

ロックンローラーは芸術家

先日、生まれ育った生家が老朽のため、
建て直すことになり、取り壊され、更地に。
新居は、9月頃完成とのこと。
それに先立ち、長いあいだ放置されていた荷物の整理に。

思い出の品々、たくさん出てきました。
古いお札や小銭、地元スーパーの古い買い物袋、
30年前のいろんなライブのチケットなどなど。
そんな中、忌野清志郎&2・3’sのパンフレットが
ほぼ新品の状態で発見されました。

GO GO 2・3’SGO GO 2・3’S
(2006/01/25)
忌野清志郎&2・3’S

商品詳細を見る

当時、RCサクセションが活動休止してすぐに
結成された忌野清志郎&2・3’s。
最初に聞いたときは、寄せ集め感は拭えない感じだったが、
やはりこの人が歌うとバンドはグッと締まる。
ボーカリストの善し悪しでバンドが決まる好例。

デビュー当時も、やたらメディアに出ていたのも印象的。
一時期、メンバーが交代で日本放送のオールナイトニッポンの
2部のパーソナリティもやってて、筆者毎週聞いてました。
けっこう際どいトークもあったような記憶がありますが、定かではない。

残念ながら、このバンド次の2作目で解散とやたら短命でした。
逆にだから良かったのかも。
それも計算に入っていたなら、ますます侮れんなぁ。
このバンド。



2013.04.24 | Comments(0) | Trackback(0) | CD

«  | HOME |  »

FC2Ad

プロフィール

ハプニングエイト

Author:ハプニングエイト
FC2ブログへようこそ!

最近のトラックバック

FC2ブックマークに追加する

FC2ブックマークに追加

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。